ナースではたらこ:【登録前に】確認したい3つのポイント

日本最大級の看護師転職サービス

満足度第1位の看護師求人サイト。※2015年楽天リサーチ調査

『ナースではたらこ』以外にこちらのサイトもおすすめです。




顧客満足度第1位(楽天リサーチ2015年調査)を獲得している「ナースではたらこ」。満足度が高い3つの理由をご紹介します!

膨大な求人と充実した検索機能

日本最大級の求人案件は約9万件以上あり、全国の医療機関の情報を90%以上をカバーしてます。

たくさんの求人の中から希望する求人を探すには検索機能が重要です。看護師の求人を探すポイントは沿線や診療科目、シフトや給与など多岐にわたります。

『ナースではたらこ』なら検索機能が充実しているため、あなたにピッタリ合う求人が探せますし、登録後は非公開求人の案内もしてくれます。

【検索項目】
  • エリア・沿線・駅:東京都・山手線・品川駅
  • 病院種別・科別:救命救急センター・手術室・人間ドック・小児科
  • 勤務形態・施設スペック等:シフト休日制度・施設規模・指定医療機関種別
  • 給与・手当:超過勤務手当・永年勤続手当・資格手当
  • 特徴:車通勤可・子育て人多し・喫煙室情報・夜勤残業・委員会なし

⇒ 「 ナースではたらこ 」 公式サイトはこちら




転職のプロが転職を隅々までサポート

  •  面接指導
  •  書類チェック
  •  転職先との交渉など
転職時の重要ポイントを看護師転職のプロにしっかりサポートして貰えます。内定を断りたい時も代わりに連絡してくれます。医療機関ごとに独自取材しているのでリアルな情報がキャッチできます。

また、実際に働き始めてからも「事前の説明と違った」等困ったことがあれば相談することができます。

担当者があなたと合わない場合でも別の相談窓口がありメールで交代依頼できるので安心して利用できます。

⇒ 「 ナースではたらこ 」 公式サイトはこちら




求人がなくても「逆指名」

現在求人がでてなくても働きたい医療施設を担当者に伝えれば替わって求人予定などを打診・交渉して貰えます。つまりあなた主導で転職活動ができます。逆指名を含む登録から転職完了までのすべてのサービスが無料で利用できます。

個人情報の保護

「ナースではたらこ」ならばプライバシーマーク(公人情報の一定要件クリア事業者に授与)も取得してますし2015年3月には「職業紹介優良事業者※」に認定されているので安心して転職活動ができます。※厚生労働省委託の審査機関が「業務の適正運営/経営の安定性/法令の遵守」などの厳格な基準をクリアした職業紹介事業者を認定。


ナースではたらこ






サブコンテンツ
クリニックでの看護師のお仕事

看護師の仕事内容ですが、患者さんのケアが主となっています。大きな病院では看護師さんと、介護員さんがいて、看護師の仕事は専門分野だけをこなすようになっていますが、クリニックでは、介護員さんがするような雑用などもこなす必要があります。

【大型病院とは違う幅広い業務】
看護師は夜勤勤務など交代制で仕事をしていますが、クリニックで働く場合には、入院患者さんなどがいないために診察時間がきちんと決められているので、日勤だけの勤務です。また、看護師の仕事は医師の診察補助、注射、点滴などを行いますが、クリニックの場合では、受付や会計など事務の仕事をすることもあります。 クリニックも規模で違ってきますが、小人数で運営されていることが多く、院内の流れや業務などすべてのことにおいて把握しておくことも重要になります。

【クリニックでしかできないこと】
大きな病院とは違って、クリニックに通う患者さんは馴染みやすく、顔見知りの方が増えて気軽に声をかけたりすることができるようになります。アットホームな環境で仕事をするというイメージです。クリニックの最大の魅力ですが、家族で診察にくる方などに気軽に声をかけることができて、看護師さんと患者さんの距離も近くなります。医療に携わる業務なので、技術も重要ですが、何よりも患者さんの1人1人に携わることができて、患者さんも看護師さんを頼りにしてくれます。大きな病院と比較すると、雑用をこなすことに問題がなければ、クリニックで看護師として働くことも視野に入れて考えることができます。




介護施設での看護師のお仕事

最近では高齢化が進んでいます。そんな中で看護師を必要としている場所はたくさんあります。病院はもちろんですが、介護施設などでも看護師を求めています。

【コミュニケーションが重要】
仕事内容は病院と同じ技術が必要であり、さらに衛生面などの管理をする必要もあります。病院では医師の助手が主な業務内容ですが、介護施設では、医師がいないので入居者の体調を見極める必要もあり、1人1人の入居者に合ったケアを行っていく必要があります。医療行為という業務よりも、コミュニケーション能力が必要になったり、患者の状態を知ることが何よりも重要になってきます。

【やりがいがある】

病院では医師がいるので医師の指示を受けることができ、その通りに業務を行いますが、介護施設では自分が判断するので責任も大きくなります。介護施設で看護師を必要としているのは、施設によって違ってきます。リハビリなどを行って自宅に帰ることができる人が入居している施設では、リハビリのサポートや進め方などを考える必要があります。体を動かすことができない状態で入居している施設では、食事などの補助なども行うことがあります。

【幅広く活躍できる】
介護施設も病院も交代制となっています。病院と同じように夜勤業務もあり、入居者さんの体調の管理や健康状態を把握して、入浴介助や排便、酸素などが必要な場合には、酸素機器などの管理も必要です。緊急な事態に備えてかかりつけの病院などと連携をとり、連絡したり病院へ連れて行ったりする業務もあります。




訪問看護の看護師のお仕事

看護師の仕事場はたくさんありますが、訪問看護の仕事内容について紹介します。 訪問看護は、病院や施設などで勤務するのではなく、介護が必要な方の自宅に行って介護をするという仕事です。 訪問看護を考えている場合には、看護師免許を取得して、研修を受ける必要があります。 看護師免許だけでは、訪問看護を行うことはできません。

【増えていく需要】
今の時代は、高齢化が進んでいて、少子化ということで子供も少なく親を見ることができないことが現実に行っています。そんな中で、自分のことを自分でできないお年寄りの方が多くなっています。そこで訪問看護にお世話をしてほしいという家庭も多くなりました。共働き世帯も多く、子供の世話などで介護をすることもできず困っている状態です。そんな家庭に出向いて、問診、検温、血圧測定、脈拍などチェックして健康状態を管理するのが訪問看護のお仕事です。また、食事や排泄介助など生活をするうえで、手助けが必要なことを行う必要があります。

【やりがいを感じながら】
昔は動けないお年寄りの家に、医師が足を運ぶこともありましたが、最近では訪問する医師も少なくなっています。そんな中で看護師が明確に介護している方をサポートする必要があります。 訪問看護は、自宅に出向いて様々なことを行うのですが、アドバイスも必要になってきます。リハビリなどができる場合は、少し動くように指導する必要があり、機器などを使っている人の場合には、機器のメンテナンスも必要になってきます。機器を使っている人は、それがないと命に係わるのできちんと把握しておく必要があります。また、訪問先では医師がいないので、自分で患者さんの状態を見極めて健康管理をする必要があり、病院などに行った方がいい場合には同行して、状態などを伝える必要もあります。通っているうちに、患者さんのことを知ることができるようになりますが、きちんと患者さんを観察して、ケアだけでなく、変化などもきちんと医師に伝える必要があります。




精神科の看護師のお仕事

最近では、精神科という病棟も病院内に多くなりました。うつ病などの患者さんが増え続けています。 今の時代はストレス社会となっており、うつ病だけでなく、拒食症や過食症、PTS、認知症、パニック障害なども精神科の分野となります。何よりに重要なことですが、知識はもちろん技術も必要なり、患者さんとコミュニケーションがとれるような状態で向き合っていくことが必要になってきます。

【多様な症例に対応していく】
精神科で働く場合には、1人に対してきちんと向き合って話をすることが一番重要な役割となります。精神科の患者さんは薬などを服用している人も多いのですが、薬の管理をきちんとしてあげることも大事です。中には身支度ができない人もいますし、自分のものがなくなったという患者さんもいます。そんな中でムキになって私じゃありません。などというような看護師さんは精神科には向いていません。何を言っても精神的な問題を抱えているのでグッと我慢が必要になってきます。1人で向き合っていくことは大変なことですが、きちんと気持ちを理解してあげることにより、あなただけに、心を開いてくれて何でも話をして、精神病となった原因などを知ることができる場合も多いのです。そんな看護師さんは、精神科の看護師として認定看護師資格を取り、自分なりに奥の深い医療に携わっていきたいと感じる人もいます。

【患者さんとの向き合い方】

精神科は身体が悪いという問題ではないので、体力も必要になってきます。また、長年看護師さんをしてきた方は、それを活かすことにより、患者さんと向き合っていくことができます。他の病棟でも、喧嘩になってしまったり、規則を守らない患者さんはいます。そんな方とどんな風に接してきたかということも勉強になっていくのです。精神科病棟では、夜は薬などを使うために、夜勤など少なく、急患が入ってくるということもなく、入院している患者さんと向き合って、いくことが大きな課題となります。




病院の看護師のお仕事

看護師さんは主に病院に努めますが、働き方として、2・3交代制となっています。夜勤と日勤があり交代制でシフトを組みます。仕事内容ですが、日常は一般の患者さんの診察補助を行います。外来で務める人もいますが、土、日は救急患者さんの応対があり、交代で出勤する病院が多くなっています。また、入院病棟で働く方も、交代制となっています。夜勤手当などつき、給与はいいですが、夜間は看護師の人数が昼間より少ないため、バタバタすることもあります。

【救急医療はハードでも】
病院での働き方ですが、病棟によっても違ってきます。救急患者さんを受け入れる病院では、体力的にハードになります。また、いつ患者さんが来るかわからないので、緊張感なども同時に抱えることになります。 病院で働く看護師は大変というイメージがありますが、最近では、寮がある病院も多くなり、通勤や帰宅などもラクになります。

【安心して勤務できる体制】
夜勤時はタクシーチケットを準備している病院もあり、仕事が終わり、チケットを使って帰ることができて、看護師さんの負担を減少して、働きやすい環境を考えている病院も多くなっています。子どもがいる人などは、夜勤などあると看護師として働くことができませんが、最近は、院内に託児所があり勤務している間は預けることができるシステムも整っています。看護師不足ということもあり、少しでも看護師が勤務してくれるように病院側も様々なことに取り組んでいます。

【理想の職場を見つけるために】

せっかく資格をとって働きたいけど・・条件が厳しいという方も実際に多いと思います。各病院によって、システムは違ってきますが、様々な情報を集めて、事前に確認することにより、条件を聞いてくれる病院もあるので、何よりも1歩踏み出すことが大事です。最初から無理と諦めないで、家庭と両立したいという方は、各病院に問い合わせてみてください。

残業などは病院に限らずどこでもあります。残業が少ない病院を選ぶことで働きやすくなり、自分の時間も作ることができて、精神的にも体力的にも乗り越えることができます。




パート看護師のお仕事

パート看護師の働き方ですが、日勤の勤務、夜勤の勤務と自分のライフスタイルに合わせて働くことができます。 シフト制にはなっていますが、パートの場合には、自分の働ける時間だけ務めることができて、常勤とは違い労働時間も自分で決めることができるのが大きな特徴になっています。子育てなどをしている場合には、パートで勤務することにより、家庭と仕事の両立もラクになります。


【気になる待遇面は・・・】

給与面ですが、日給または、時給で計算されるようになっています。パートで働く場合には、待遇が悪いのでは・・?と考えている人もおいと思いますが、看護師は専門職なので時給は一般の仕事よりも高いのでそれなりに給与をもらうことができます。また、頑張ることで給与もアップしてくれますし、経験や資格がある場合には、時給に上乗せの金額をもらうことができます。


【ライフスタイルに合わせた勤務ができる】

パートの最大の特徴ですが、子育て中でも時間に都合をつけることができて、多くの方がパートとして勤務を考えています。逆に、パートの場合には保障を受けることができないので、少し不安という人もいます。病院のシステムによって違ってきますが、給与は高くても、常勤とは違って、ボーナスがもらえなかったり、社会保険に加入できないという場合もあります。何よりも、自分の時間で仕事をして、子育てをしながらという人にはパートはお勧めできます。しかし、独身の方は常勤で働くことにより、保険などの制度もきちんと整っているので安心することができます。


【働きたい職場を見つけたら】

人によっては、働く環境も条件があると思いますが、前に進むために分からないことなどは、電話で問い合わせを行ったり、出向いたりして、病院の雰囲気を確認してみることも大事です。最近では、どの病院も看護師さんが不足しているので、あわただしくしているというケースも少なくありません。少しでも助けになればと考えている場合には、パート勤務することにより、患者さんやほかの看護師さんの手助けはできます。




2交替制の看護師のお仕事

看護師さんの勤務状態ですが、病院によって異なってきます。2交替勤務の場合には、昼と夜の2つの時間で勤務します。大体の病院では2交替の場合には、24時間の時間を半分にして12時間の体制をとっているようです。また、同じ2交替でも、病院によっては時間帯が違ってくる体制をとっている場合もあります。


【2交代と3交代の選択】

ローテーション制となっているので交代で勤務するようになります。2交替は、体への負担も大きくなってしまいます。その日により違ってきますが、仮眠をとる時間がある場合には、負担も少なくて済みますが、救急患者さんを受け入れる場合には、夜間も忙しく仮眠をとる時間はもちろんですが、休憩をする時間さえもありません。 看護師の資格をとり、若い頃は普通に勤務することができますが、結婚したり、子供ができたりすると、中々勤務することができず、資格はとったけど、家庭の中に入っている人も多いようです。そんな方には、2交替は向いていません。3交替のシステムのある病院が選ばれています。何よりも考えることは、託児所があるかないかです。最近では、託児所がある病院も増えてはきていますが、夜間勤務になると夜に利用できるかどうかが問題となります。家族の協力を得ることができる場合には、復帰することができますが、旦那さんも働いている以上、迷惑をかけることができないという人は、考え直して、自分が勤務できる時間帯で復帰しましょう。


【どちらが自分にあっているか】

2交替の場合には、12時間で交代する仕組みが多いので、夜中に出勤するなどということがなく、昼か夜のどちらかになるので、体を休める時間はきちんととることができます。3交替の場合には、不規則な生活になってしまいがちです。働く時間帯は2交替は長いですが、その分、休める時間をとることができます。また、日常の生活の中でも生活のリズムをつかみやすく、自分の時間も作ることができます。さらに、ハードな仕事をこなすためには、ゆっくり休む時間も必要です。




助産師の看護師のお仕事

助産師の仕事ですが、生命にかかわる仕事です。出産の手助けをしたり、妊娠中の方の不安を取り除いたり、健康面のサポートまで1人1人に合った対応が必要になります。何よりも妊娠中の方は、多くの不安を抱えています。そんな中で、安心感を得ることができるように、向き合っていきます。


【助産師が活躍できる場】

助産師は分娩室などで赤ちゃんをとりあげて、赤ちゃんのケアをする事。また、育児の指導を行うことも必要です。退院する前には、赤ちゃんのお風呂の入れ方やケア方法などを説明する必要があります。助産師の働く場所ですが、病院はもちろんですが、クリニックや保健所などで務めることができます。助産師もスキルアップなどを目指している場合には、大きな病院で勤務することにより、様々な分娩方法を学ぶことができます。助産師は、自分で助産院を開業することもできます。将来、開業を考えている場合には、たくさんの出産に立ち会うことにより、開業した際に、自分の経験を活かすことができます。


【専門職という強み】

助産師さんの給与ですが、年間で平均500万円程度と言われています。賞与も大体120万が目安となっています。助産師は国家公務員の医療職となっていて、景気などに左右されることがないので安定した職業とも言われています。出産をした後のケアなども全面的に行います。出血の量や患者さんの状態などもきちんと把握して、薬などが必要な場合には、薬なども処方することができます。


【分娩だけじゃない】

医師の指示がなくても、分娩時に自分の判断で業務を行うことができます。また、妊娠中の方が通う外来でも、体重を計ったり、お腹を計ったり、出産時には、何時間程度で生まれるかも判断することができます。 その状態によって、妊婦さんと話をしたり、呼吸法などを説明したりして何よりも、陣痛がひどい場合には、背中を押したり、ラクになる姿勢を指導したり、たくさんの業務をこなす必要があり、大変ですが、赤ちゃんが生まれると、大変さも報われます。




保健師の看護師のお仕事

保健師は免許が必要です。厚生大臣の免許を受けて保健師となります。保健師は看護師の免許を取って、養成所で必要な知識を学び、受験することができるようになっています。


【学校や企業以外でも活躍】

保健師の収入ですが、年間に平均で500万円以上と言われています。好条件なので最近では、保健師を目指す人も増えてきました。また、市町村で務めて、子供の検診などで指導を行うこともあります。保健師さんと看護師さんは同じと思っている人も多いと思いますが、看護師の仕事は治療を直接行います。 保健師は、予防を行う仕事です。保健師の働き方ですが、身近に感じるのは、学校保健師です。また、企業や病院などでも活躍しています。


【看護学生で看護師免許と保健師免許が取得可能】

以前は、看護師の資格を取ってから、保健師になるというのは一般的で、看護学校では保健師の勉強をすることができませんでした。しかし、今の時代は、4年生看護大学や看護専門学校で両方の資格をとることができるようになっています。保健師の資格ですが、合格率は8割程度となっています。年に1度しか行われないために、1度ダメだったら、次の年に受けるようになっています。


【地域内での指導に需要が多い】

子育て中の人は様々な悩みを抱えているのですが、保健センターなどに努めている保健師さんは、悩みなども聞いてくれるので一人で抱えることなく話をしてみるのも良いと思います。今の時代は、高齢化となっていて、高齢者の介護予防なども保健師さんが行ってくれます。どの地域にも保健師さんがいますが、市町村の中でもたくさんの役割を持っていて、保育所や幼稚園など歯磨き指導などにも出向いてくれます。食育などについても詳しく知っているので、食事が何よりも大事ということを介護面や子供の教育にと説明を行ってくれる保健師さんもいます。

どの地域でも保健師さんが不足しています。保健師さんは、たくさんの人と関わりがあり、今の時代は活躍の場もたくさんあります。年齢に関係なく、子供からお年寄りまでの健康を考えている保健師さんは、多くの方に頼りにされているのです。




高給与の看護師のお仕事

看護師のお仕事は専門職で給与も他の職業よりも高額です。同じ看護師でも、働き方により高給与となります。 病院によっても給与が違ってくるので、病院の選び方もきちんと考える必要があります。看護師給与の平均ですが、私立の病院では300万円~350万円です。公立病院の場合には、420万円~450万円程度と言われています。


【公務員として】

公立病院では、公務員看護師として働くことができますが、公務員試験を受ける必要があります。試験を受けて公務員看護師として働けるのです。 試験を受ける前は、嘱託職員なので、給与面は一般の病院と変わりません。試験を受けてこそ高給与になるので収入面が気になる方はきちんと確認しておくようにしましょう。


【残業やその他手当もチェック】

給与が高い看護師を探すには、求人情報をきちんと確認する必要があり、給与の上限額などを把握していくようにしましょう。給与面がはっきりしていない場合には、きちんと病院に問い合わせてみるべきです。高給与を目指すには、給与だけでなく、手当などの面も確認する必要があります。しかし、働き出してすぐに役職がつくことはありませんが、残業手当などがきちんとつくかどうかも確認しておきましょう。


【勤務体制でも大きな差がでる】

勤務状態によって給与が異なってきます。看護師は交代制なので、日勤よりも夜勤のほうが高収入になります。 夜勤を多くすることにより、夜勤手当がつき高給与をもらうことができるのです。手当で収入が左右するので、年収が500万円~600万円以上になることもあります。


【スキルアップこそ高給へ繋がる道】

何より、経験が重要になってくるので、働き出してすぐには、経験が必要になってきます。また、同じ看護師でも、年数を重ねることにより、給与も上がっていくので、仕事をコロコロ変えるのではなく、長く務めることにより、高給与を目指すことができます。

看護師の資格をとって、看護師として自分なりにスキルアップすることにより、手当などがつき、高給与となるので経験を積み重ねていくようにしましょう。




土日祝休みの看護師のお仕事

看護師は交代制が主になっているのでほとんどの病院で日勤、夜勤と交代して務めることが多いと思います。 しかし、子育て中の方などは、土日祝日休みで看護師の仕事をしたいと思っている方もいます。 そんな場合には、大きな病院ではなく、個人の病院を探すことにより、土日祝日休みで勤務することも可能です。


【ライフスタイル重視】

急患を受け入れている病院では土日祝日休みをとることができませんが、急患を受け入れることがない病院や入院施設がない病院では、自分のライフスタイルに合わせて働くことができます。 最近では、看護師は不足しているので、条件を受け入れてくれる病院も多くなっています。しかし、キャリアアップを目指すことは難しくなりますが、落ち着いてから、上を目指すこともできますので、自分なりにじっくり考える必要があります。


【家族にも合わせられる】

看護師として働く職場は多くなりました。クリニックや施設などを選ぶことにより、土日祝日休みだけでなく、勤務時間も決まっているので、家庭を第一に考えている人にはお勧めできます。また、最近では、一般企業や学校などでも看護師を必要としています。子育て中の場合には、子供と同じ休みで、夜勤や残業なども少ないので、働きやすくなります。さらに、病院とは違う場所で勤務することにより、病院ではできない経験をすることができて、将来的にもその経験を役立てることができます。


【結婚、出産、復職】

看護師の資格をとって、すぐに結婚する人もいますし、数年務めて結婚する人もいます。結婚すると思うようにスキルアップを目指すことができませんが、自分なりに経験を積むことにより、将来的にはその経験が役に立ってきますので、家庭と仕事の両立は難しいと思いますが、自分に合った条件で勤務するようにしましょう。

復帰をあきらめている人も多いと思いますが、様々な選択をすることにより、自分の条件に合った、働き方をすることができるということを知っておくことにより、不安や疑問を感じることなく、看護師として勤務することができます。




准看護師の看護師のお仕事

看護師も正看護師と准看護師がいます。准看護師は看護師高等学校に2年通い、都道府県の試験を受けて免許をとります。


【正看護師との差】

准看護師は主に患者の診察や介助、さらに治療などを行うことができます。正看護師とは違い、勤務状態や仕事などの面では差が出てきます。准看護師は都道府県の資格ですが、正看護師は国家試験となりますので、その辺で試験内容なども違ってくるからです。

准看護師は正看護師、医師の指導を受けて医療行為を行うことになっています。しかし、業務内容は同じ病院もあります。給与面では大きく差がつきます。


【正看護師へステップアップ】

准看護師の資格があると正看護師を目指すこともできます。正看護師になる方法ですが、専門学校などに通い、国家試験を受けることができます。また、最近では働きながら通信教育で試験を受ける資格をえることができます。この時の条件ですが、10年以上の実務と経験が必要になります。


【待遇面に資格取得も】

正看護師の資格を取得することを条件として、准看護師さんの採用を行っている病院もたくさんあります。 准看護師は正看護師に比べると給与面で大きな差が出てきますが、業務内容には差がない病院の多くなっています。同じ業務をこなして給与面で差が出ると勿体ないような気持ちになります。准看護師の方は正看護師を目指してみるようにしましょう。


【キャリアを磨く】

不満を抱えている場合には、働きやすい環境とは言えません。働きやすく自分なりにキャリアアップするためには、何よりも勉強と業務に力を入れることが重要になります。最近では、多くの子供が将来の夢は?と聞かれると看護師ですと答えています。看護師は不足しているのでうれしい話ですが、命に係わる仕事ということでプレッシャーも大きくなります。実際に看護師になった方の中でも、資格をとって働き出すと思っていたような仕事ではなかったと感じている人がいますが、自分の条件に合った病院を探すことにより、快適な環境で働くことができます。




新設病院の看護師のお仕事

新設病院の働き方についてですが、最近では多くの病院を開設しています。病院をスタートさせることにより、新しい環境で働くことができると考えている人も多いと思います。 また、新しい職場で働くことができるという気持ちがあり、魅力を感じるは反面では不安を抱くこともあります。


【新設だから困ることも】

新しく開設した病院では、今まで勤めていた病院とは違って方針が固まっていないということもあり、戸惑ってしまうこともあります。例を挙げますが、今までは、カルテを使って患者の状態を把握することができる仕組みだったけど、開設されて電子化になってしまいパソコンを使いこなすことも必要になるというケースも少なくありません。


【新しい環境に順応しよう】

今の時代は、パソコンを利用する機会も増えているのですが、現状で50代の看護師はパソコンの使い方を勉強する必要もあり、仕事だけでなく、その辺もきちんと自分なりにできるようになっておくべきです。また、新しく開設された病院は、建物だけが新しいわけではなく、人間関係も新しくなります。

働きやすい職場は、1人でも自分と気が合う人がいれば悩み事などを話すことができて、自分の気分も楽になりますが、新しい環境の中で、慣れない業務と人間関係に気を遣いすぎて途中でやめてしまうというケースもあります。


【新しい仲間と協力して作っていく】

新しくできたばかりで皆が、戸惑っていると思いますが、患者さんは期待している状態なので、その気持ちがプレッシャーとなってしまうこともあります。新設病院は、誰も良い・悪いと最初から分かっている人はいません。1からスタートしたいと考えている人にはお勧めできます。

また、新しくできると設備も充実されているので、今までの病院とは違い機器の使い方なども変わってきます。 新しい勉強も必要になってきますし、人間関係においても覚悟しておく必要があります。 キレイな病院で働くためには、様々なことを把握しておくことにより、勤務する際にも覚悟ができて、新しい気持ちで務めることができます。




託児所ありの看護師のお仕事

看護師は多くの女性が憧れる職業でもあります。しかし、結婚したり、出産をすると家庭の問題を抱えるので、看護師の資格と取得しても子育てをしている間は、働くことができないという人もいます。その後、子育てが終わって復帰を考える人もいるのですが、ブランクがあり、戻りたいという気持ちはあるけど、不安のほうが大きくなってしまい、戻ることができないという方も多いようです。しかし、最近ではそんな看護師の悩みを解決するために、病院の中で託児所が設けられています。


【安心して働ける環境】

看護師の仕事を続けるための職場を選ぶ際には、ぜひ託児所がある病院を選択するようにしましょう。そうすることにより、家庭と仕事を両立することができます。病院が開設している託児所は、看護師の子供専用となっているので、一般の託児所と比較すると利用しやすい点が大きなメリットになっています。看護師は交代制のシフトなので、日勤・夜勤とありますが、夜勤の時にも土日祝日でも子供を預けることができるので、院内に託児所がある病院を選ぶことにより、安心して勤務することができます。


【お迎えの時間や費用負担が少ない】

看護師さんが不足している今の時代に対応するために、多くの病院で託児所があります。24時間体制で預けることができる託児所もありますが、まだ、それができない託児所もあるので、何より働く際には確認が必要になります。また、一般の保育園や幼稚園に預けるとかなりの金額がかかってしまいます。その相場ですが、平均で月に4万円~6万円程度となっています。しかし、院内の託児所では、2万円~4万円程度となっています。費用は病院が負担してくれているので、普通よりも安く活用することができます。


【仕事と家庭の両立するために】

一般の保育園に預けると仕事が終わって迎えに行くのが大変ですが、院内の託児所の場合は、ラクに迎えに行くことができるという特徴もあります。家庭と仕事と考えると色々な問題が出てくると思いますが、それを解消できる勤務先を見つける事により、看護師の仕事をより活かすことができます。










ナースではたらこで看護師になる

ナースではたらこは、看護師専門の求人情報サイトです。医療機関の求人情報の他に、全国の医療機関情報も揚載されていているので、看護師の人材派遣サービスの中ではトップクラスです。また、登録から転職まで利用したサービスは全て無料で受けれます。登録方法は、スマホ、携帯、PCや電話などが可能なのでとても便利です。24時間のあんしんサポート窓口もあり、ナースではたらこへの要望や問い合わせにも対応してくれます。返信については平日の10:00~19:00です。

楽天リサーチによると、2014年の看護師人材紹介で、顧客満足度1位に輝いている、ナースではたらこですが、それもそのはず。なんと言ってもサイト内のコンテンツがとても充実しています。24時間のサポート窓口を始め、その他に転職相談サービスがあり、今、現在看護師として働いている方はもちろんですが、一時退職等で、現場を離れた方も、転職についての悩みや自分の希望などを相談できます。電話相談は無料で、忙しい在職中の看護師でも相談できるように、受付は24時間可能です。

また、転職するにあたって、ナースではたらこではとても細かいところまでサービスが行きとどいていて、履歴書の書き方をアドバイスしてくれたり、添削までしてくれるというので驚きです。もちろん面接の対策も万全です。今、看護師で転職をお考えの方は、是非一度登録してみてはいかがですか。



ナースの求人広告より自分の目で確認を

私は、整形外科に勤務するナースです。有床診療所ですか、手術もありますので仕事はとてもハードです。若いナースはお給料や休日の多さに希望を抱いて来て下さいますが、一ヶ月も経たないうちに辞めてしまう方もいます。求人広告とお給料は同じでも、お休みの取りにくさとハードな仕事量に驚かれるようです。人材を集めたいがために良い条件を書いた求人広告も多いのかもしれません。短い時間での見学では、現場は見えてこないので出来れば実際に働いている職員と話をする時間が持てると良いのではないかと思います。

先日、酷い人は一日働いただけで次の日の朝、お断りの電話が入った事もありました。以前、私は総合病院に勤めていました。総合病院では、看護師や薬剤師、放射線技師、臨床検査技師などそれぞれの役割りがきちんとありました。しかし、有床診療所では看護師は色々な役割りを果たさなければならないのです。同じ看護職でも、こんなにも仕事の内容が違うのかと、驚きました。また、個人病院では院長の方針と自分の思いが一致しているかも大切です。院長の方針についていけないと辞めた方も、何人かいらっしゃったので。夜間専属ナースも時給が良く、自由な時間が手に入るので求人としては魅力的ですが月に数日しか働かず病棟の患者さんを把握するのは、とても難しい事だと思います。良い求人があれば、そちらへと言う考えもありますが、やはり決断するまでに充分な時間をとって何度も足を運んでから決断するべきだとおもいます。

ただ、時間も労力もかかるため個人ではなかなか難しい部分があります。最近では看護師専門の求人サイトがあるので、利用するのも一つの方法です。なかでもナースではたらこなどは求人の斡旋だけでなく、その職場環境や待遇面などの情報にも精通しているので、心配事も相談もすべて解消できそうです。



転職に強いナース人材バンク

ナースとは看護師のことで、医師の治療や診断のお手伝いをするほか患者の体温や血圧を測ったり必要なお薬を用意をすることもあります。また患者さんのカルテを管理したり、採決をして検査をしたり、受付や事務をすることも多いです。こう言った病院を全体的にサポートするのがナースのお仕事です。患者さんの治療の世話や入院患者のお世話をすることも多いですが、基本的には治療そのものや調剤に関しては医師または薬剤師が専門で行います。ナースにとって病院でのお仕事は大変です。常に患者さんの病気の側におり、一日中夜勤も含めて働く仕事なのでかなりストレスもたまる仕事です。

そのため、病院の勤務形態によってはかなり精神的にも厳しいものになっていることも多く、その病院からの転職を考える機会も多くあります。ナースの場合はニーズが高いので転職が意外に簡単で、すぐに就職先が決まる場合が多いです。個人の病院よりは総合病院等の方が仕事の内容もお給料も良い場合が多いです。ナース人材バンクでは、このナースのお仕事を紹介しており、転職に関してもサポートしてくれています。今の仕事や職場である病院の環境に不満がある場合はこう言った場所で登録しておけば今よりも良い職場が見つかるかもしれません。また引越しをするなどの事情がある場合にもナース人材バンクを活用できます。ナースの仕事で転職してすぐに働き始めることが可能です。色々な病院の求人が掲載されているのであなたに合った病院を探してより理想的な職場を手に入れましょう。

⇒ 「 ナースではたらこ 」 公式サイトはこちら

このページの先頭へ